エントリー 福すし

何か思いを1つ持って飛び込んできて欲しいと思います。それは、寿司屋に関係なくても何でもいいんです。自分自身がこうありたい、とか、こうなりたい、という熱い思いを聞かせて下さい。そういう人を福すしは採用したいと考えています。平たく言うと福すしで、もう一度社会人として青春を燃やしたい人。そんな人に来て欲しいです。
また、当社に来てくださったからには、社会人になって何か1つは胸を張って「私は○○ができるんです」とか「これなら誰にも負けない自信があります」というような事をちゃんと言えるような人に育てたいと思っています。
お寿司や和食全般の技術だけでなく人間性も磨いていただけるような、そんな会社だと私は胸を張って言えます。是非、思いを1つ持って福すしに飛び込んできてください。





人と関わる仕事なので、まず人とのコミュニケーションをしっかりと取って欲しいと思います。
また、仕事においてこんなことをしてはいけないとか、寿司屋はこうあるべきだ、というような固定観念をできるだけ捨てて、皆さんのありのままを表現して欲しいと私は思っています。
男性のイメージが強いかもしれませんが、女性の採用実績ももちろんありますので、是非男女を問わず、色々な人にチャレンジして頂きたいと思います。今後新店舗のオープンも予定しておりますので、その中核を担うような人に育っていって欲しいと思いますし、そのような人に育てていきたいと思っています。





私は福すしで働くということについて、2つのキーワードを掲げています。
1つ目は、「夢を語れる職場にしたい」ということです。
大小様々あるとは思いますが、皆さんが思い描く、自分は将来「こうなりたい」とか「こんなことがしたい」というような夢を、胸を張って堂々と言えるような、笑顔と活気に満ちた職場にしていきたいと考えています。

もう1つは、「3年で一人前になれるキャリプランを用意している」ということです。
かつては一人前になるまでに10年かかると言われていた寿司職人の世界ですが、「見て盗む」ものだった寿司や料理の知識を、福すしでは3年でひと通りのことを習得できるカリキュラムにして、先輩社員が丁寧に指導しています。
また、職人としての技術や知識だけでなく店舗経営のノウハウを学んだり、新しい商品や企画を考えてもらったり、色々なことにチャレンジすることができます。
このキャリアプランを活かして、是非皆さんも福すしで働きながら、たくさんの技術や知識を身につけて自分自身の成長を肌でしっかりと感じて頂きたい思います。





私には、「お寿司屋さんのイメージを変えたい」という思いがあります。
学生の皆さんは、回転寿司ではなくいわゆる「回っていない」カウンターのお寿司屋さんに普段よく行かれますか?恐らく頻繁には行かれないのではないかと思います。
それは、「とても値段が高そう」とか、「敷居が高そう」という先入観から、何となくお店に入りにくいというイメージを持ってしまっているからだと思います。
一方で、お寿司は好き、という方は多いと思います。
私は、そんな従来からある、若い方にとって「立ち寄りにくい」というお寿司屋さんのイメージを変えて、若い世代の方も気軽に立ち寄れて、幅広い年齢層の方から愛されるお寿司屋さんを創っていきたい、と考えています。

お寿司の歴史は本当に長いです。
それは古くから、日本人の口に愛され、親しみ続けられてきた確固たる証だと思います。
私たち「福すし」も今年で創業80年目を迎えます。
その伝統を打ち破る挑戦を、私たちと一緒にしていきませんか?
是非、福すしに興味をお持ち頂いた方は弊社の採用試験に挑戦してみて下さい。
そして、福すしがどんな会社であるか、どんな人が働いているのかを直接感じてみて下さい。
皆さんにお会いできることを、心から楽しみにしております。




社長からのメッセージ 福すしの新卒採用 TOPに戻る